宮城のニュース

震災伝承防災アプリ 岩沼市が利用呼び掛け

岩沼市が開発した震災伝承・防災アプリの画面

 岩沼市が、東日本大震災の伝承と市民の防災意識向上のため開発した「震災伝承・防災アプリ」の利用を呼び掛けている。スマートフォンやタブレット端末で市のホームページ(HP)などからダウンロードできるが、広報不足などから利用者数が伸び悩んでいるためだ。市は「有益なアプリなのでぜひ使ってほしい」と話す。
 アプリの売りの一つは、震災前後の状況を写真などで比較できる「いわぬま復興物語」。津波で甚大な被害を受けた沿岸部などの市内約30カ所を地図に落とし込んであり、タップすると写真や音声、映像で状況を確認できる。
 防災関係では、突然の災害時にも簡単に作ることができる料理36種類をまとめた「お役立ちレシピ」を見たり、市内の指定避難所などを地図上に表示したりできる機能もある。アプリを起動していなくても、市が発表する避難勧告や避難指示を通知で受け取ることができる。
 アプリの利用が始まったのは昨年10月。市のHPや広報誌、沿岸部に造成中の「千年希望の丘」の看板などにQRコードが貼り付けてあり、ダウンロードできる。報道発表など積極的な広報をしてこなかったことから、今月22日現在のダウンロード数は1055件にとどまる。
 市は「1000件ではまだまだ少ない。目標は1万件。震災の伝承に加え、避難所情報やレシピ集などもあるので活用してほしい」と期待する。


2016年09月24日土曜日


先頭に戻る