宮城のニュース

<仙台L>坂井、右サイド崩す

22日の練習で北原(手前右)と競り合う坂井

 坂井が、8月27日のリーグカップ準決勝、千葉戦以来、公式戦3試合ぶりに先発する見込みだ。「スタートで出たかった」と伊賀戦を待ち望み、「やってやりたい思いは高まっている」と勝利に貢献する意欲をみなぎらせる。
 直近のリーグ戦2戦は、今季続けてきた先発を外れた。「これまでボールを奪われる場面が多かった。カウンターからの失点もあった」と反省し、課題の修正に取り組んできた。
 一方、積極的に前線に上がる長所は健在だ。千葉監督は「前への推進力に加えて高さがある」と強調。本人も「まずは守備を一番に考え、攻撃参加できたら持ち味を出したい」。6月4日のリーグカップ1次リーグ長野戦で2得点した決定力は相手の脅威となる。
 右サイドハーフの嘉数との連係も良い。嘉数は「上がっていいよ」と後方からの攻撃参加を促してくれる存在。2人で攻め上がり、敵を脅かすイメージはできている。
 リーグ戦は残り5試合。首位日テレと勝ち点10差に開いたが「何があるか分からない。勝ち点を積み重ねる」と闘志は衰えていない。昨季の2位以上を狙うチームで再び躍動する。(加藤伸一)


2016年09月24日土曜日


先頭に戻る