宮城のニュース

<せんくら>事前企画「街なかコンサート」

動物にちなんだ楽しい曲を演奏した街なかコンサート

 仙台市内で30日から開かれる第11回仙台クラシックフェスティバル(せんくら、仙台市、河北新報社など主催)の事前企画「街なかコンサート」が24日、仙台市青葉区の仙台トラストタワー1階エントランスホールであった。
 「せ・ん・く・ら・ZOO!」と題し、共に仙台フィルハーモニー管弦楽団の第1バイオリン奏者小山あずささんとコントラバス奏者名和俊さん、仙台市のピアノ奏者沢田和歌子さんが出演。3人は約100人の聴衆を前に、ウィリアムズ「揚げひばりより」やサンサーンス「動物の謝肉祭より象、亀」など動物にちなんだ曲を演奏した。
 仙台市宮城野小6年の千葉帆奈さん(11)は「三つの楽器の音がきれいに合わさって、すごいと思った。せんくらにも行ってみたい」と笑顔を見せた。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2016年09月25日日曜日


先頭に戻る