青森のニュース

恋の荒波乗り越えて

 ◇…青森県東通村にある尻屋埼灯台が、日本ロマンチスト協会(長崎県雲仙市)が選ぶ「恋する灯台」に決まった。
 ◇…灯台は津軽海峡と太平洋の荒波がぶつかる海域で140年前から道しるべの役割を果たしてきた。れんが造りでは日本一の高さ32.82メートルを誇る。荒波を照らす凛(りん)とした姿が、認定の決め手となった。
 ◇…協会は尻屋埼を含む東北の4灯台をはじめ、全国で計21灯台を認定。「恋多き」選定となったが、関係者は「どれもロマンスの聖地になってくれれば…」と願っている。(むつ)


関連ページ: 青森 社会

2016年09月24日土曜日


先頭に戻る