青森のニュース

<伊調馨>輝く金、笑顔で凱旋

多くの市民が集まったリオ五輪女子レスリング4連覇の伊調馨選手のパレード=24日午後3時20分ごろ、青森県八戸市

 リオデジャネイロ五輪レスリング女子で五輪4連覇を成し遂げ、国民栄誉賞受賞が決まった伊調馨選手(32)=ALSOK=が24日、地元の青森県八戸市中心部で凱旋(がいせん)パレードを行った。
 午後3時にオープンカーに乗って出発し、金メダルを手に笑顔で約650メートルのコースを進んだ。沿道には大勢の市民が駆け付け、地元出身選手の快挙を「おめでとう」と祝福した。


2016年09月24日土曜日


先頭に戻る