山形のニュース

<政活費不正>県議会検討委で運用議論

 政務活動費(政活費)の不正支出疑惑で議員が辞職したのを受け、山形県議会は23日、議会内に設置されている政務活動費等検討委員会(佐藤藤弥委員長、8人)を26日に開催することを決めた。
 検討委開催は、野川政文議長からの要望を受けて決まった。内規に当たる「政活費の手引」の厳格な運用方策の検討や、研修会の開催について議論する予定。詳細な検討項目、今後の開催日程などは26日の会合で協議する。
 野川議長は「政務活動費の透明性を高めるためにはどうすればいいのか、領収書のインターネット公開の可能性なども含めフリーハンドで議論してほしい」としている。


関連ページ: 山形 政治・行政

2016年09月24日土曜日


先頭に戻る