宮城のニュース

スーパーカー 被災地女川に集結

ランボルギーニがずらりと並んだ会場

 東日本大震災の復興チャリティーイベントとして、スーパーカーを展示する「ドリームオートコレクション」(実行委員会主催)が24日、宮城県女川町のシーパルピア女川で開かれた。
 被災地の子どもたちに夢を与えようと企画。商店街の駐車場にランボルギーニ10台、フェラーリ6台が東京や北海道などから集まった。親子連れなどがじっくり眺めたり、乗車して記念撮影したりした。
 ランボルギーニのシートに座った石巻市渡波小2年の江口響君(7)は「とても低かった。写真を撮ってもらってうれしかった」と喜んだ。実行委は「子どもたちにわくわくする思いをさせたかった。きっと心に残ると思う」と話した。
 ドリームオートコレクションは25日午前9時から、栗原市瀬峰の瀬峰飛行場特設会場でも開かれる。


関連ページ: 宮城 社会

2016年09月25日日曜日


先頭に戻る