宮城のニュース

東北線に車転落 23本運休 宮城・松島

JR東北線の線路に転落した乗用車=24日午前8時ごろ、宮城県松島町

 24日午前6時10分ごろ、宮城県松島町松島の県道で、仙台市宮城野区原町2丁目、会社員加藤なつみさん(20)の乗用車が高架橋からJR東北線の線路に転落、同乗の多賀城市八幡一本柳、会社経営高橋翔さん(25)が左脚の骨を折る大けがをした。加藤さんは腰を打ち軽傷。
 塩釜署によると、現場は松島海岸に向かう下り坂の左カーブ。乗用車は高架橋のたもとで道路左側を逸脱し、約10メートル下の線路に転落した。同署が原因を調べている。
 JR東日本仙台支社によると、東北線は乗用車の撤去作業や設備点検のため仙台−小牛田間で運転を見合わせ、約3時間半後に全線で再開した。仙石東北ラインを含め上下計23本が運休。約5700人に影響した。


関連ページ: 宮城 社会

2016年09月25日日曜日


先頭に戻る