宮城のニュース

<仙六野球>福祉大が突き放す

 工大−福祉大2回戦(福祉大2勝)

工 大0010001=2
福祉大204201×=9
(七回コールドゲーム)
(勝)久米田4試合3勝
(敗)佐藤洸4試合3敗
(本)水間1号(1)(城間)、浅沼2号(3)(佐藤洸)

 【評】福祉大が大勝。一回1死一、三塁から暴投と井沢の右犠飛で2点を先取。2−1の三回は浅沼の右越え3点本塁打などで4点を加えて突き放し、その後も得点を重ねた。工大は投手陣が7四死球と崩れた。

 福祉大・城間(右足首ねんざから復調。今季初登板で3回2安打1失点)「落ちる変化球の切れがあり、復帰戦にしては良かった。けがの影響はもうない。(次節の)仙台大戦では先発として責任を果たしたい」


関連ページ: 宮城 スポーツ

2016年09月25日日曜日


先頭に戻る