青森のニュース

<青森10市大祭典>20m立佞武多も初陣

五所川原立佞武多の前を練り歩く弘前ねぷた=24日午後6時45分ごろ、五所川原市大町

 青森県内10市の祭りが集まり、各市の魅力をPRする「あおもり10市(とし)大祭典in五所川原」が24日、五所川原市大町の立佞武多(たちねぷた)の館周辺で始まった。25日まで。
 大祭典は5回目。北海道新幹線が開業した今年は10市のほか、北海道の函館市や北斗市、木古内町のご当地グルメなどを提供するコーナーを設置。江差町の民謡「江差追分」のステージも披露された。
 パレードでは、高さ20メートルを超える五所川原市の大型立佞武多が初出陣。今年の新作「歌舞伎創生 出雲阿国(いずものおくに)」が青森ねぶた、弘前ねぷた、八戸三社大祭などの山車と共に街を練り歩いた。迫力ある山車や優雅な流し踊りに沿道からは歓声や拍手が送られた。
 25日は午後3時まで。パレードは午後1時にスタートする。


関連ページ: 青森 文化・暮らし

2016年09月25日日曜日


先頭に戻る