秋田のニュース

「能代美人」心奪われた 秋田で写真展

能代の観光名所と美人を撮影した作品

 秋田県能代・山本地域の観光名所や祭りを背景に、現地で暮らす女性を撮影した「能代美人鑑写真展2016」が、秋田市の遊学舎で開かれている。29日まで。
 能代市の写真家秋林和美さん(38)の主催で、6月の同市内での開催に続き2回目。「美しい風景やそこに住む人々を地域の資源と捉え、発信したい」と、友人の紹介などでモデルを集めた。
 写真展では、能代市の七夕行事「天空の不夜城」、同市の国登録有形文化財「旧料亭金勇」、砂像が並ぶ三種町のイベント「サンドクラフト」などで撮影した39点を展示している。
 秋林さんは「写真展が地元の魅力を再発見するきっかけになればいい」と話している。
 入場無料。午前9時半〜午後6時。29日は午後3時まで。連絡先は秋林さん090(2877)4741。


関連ページ: 秋田 社会

2016年09月25日日曜日


先頭に戻る