宮城のニュース

<楽天>安楽 成長ぶりアピール

 東北楽天の先発安楽智大が7回を無失点にしのぎ、成長ぶりをアピールした。8回1失点で今季2勝目を挙げた18日の西武戦に続く好投。「カーブをうまく使えたことが結果につながった」と手応えを口にした。
 連打を浴びても後続をしっかり断ち、七回まで三塁を踏ませなかった。直球は最速151キロと本来の威力を取り戻し、カーブも制球良く低めに集めた。「球の高さに気を付け、緩急も有効に使えた」と振り返った。
 梨田昌孝監督も「ストライクが先行するようになった。次の登板も楽しみにしている」を期待を寄せた。


2016年09月26日月曜日


先頭に戻る