宮城のニュース

<秋季高校野球>利府競り勝ち3位

仙台城南−利府 5回裏利府2死二塁、立川が右前適時打を放ち、6−5と勝ち越す

 ▽3位決定戦
仙台城南102200000=5
利  府04002000×=6

 【評】利府が競り勝った。4−5の五回1死二塁から二瓶の適時打で同点とし、さらに2死二塁から立川の適時打で勝ち越した。四回途中から救援した2番手佐藤は九回まで2安打無失点の力投。仙台城南は四回に一度は逆転したが、五回以降は得点できなかった。

<2番手佐藤が力投、流れ変える>
 利府の2番手佐藤が、四回途中から6回2安打無失点と力投し、勝利を引き寄せた。「腕がしっかり振れて球が走っていたので、どの球種も良かった」と胸を張った。
 4−3の四回無死一、二塁でマウンドを託され、「自分が抑えて流れを変える」と臨んだ。2死二、三塁から三塁打で走者2人の生還を許して勝ち越されたが、気持ちを切り替えた。五回以降を無得点に抑えると、攻守のリズムが良くなり、逆転勝ちにつながった。
 打たせて取る投球を、田野監督は「テンポ良く投げるので守りやすい」と褒めた。佐藤は東北大会に向けて「どんな相手でも気負わず、楽しんで試合をしたい」と力強く話した。
<普段通りやれた/利府・田野誠監督の話>
 負けなしだった新チームが昨日初めて負け、今日から連勝すればいいと話した。(選手は)普段通りやってくれた。東北大会でできることを精いっぱいできるよう調子を上げ、まずは一つ勝ちたい。

<仙台城南・阿部投手(6失点も完投)>
「低めへの意識をしっかり持って投げたが、利府の走塁が気になり、球が甘くなってしまった。冬場は体づくりに励み、ここぞという時に投げられる内角の直球を磨きたい」


2016年09月26日月曜日


先頭に戻る