宮城のニュース

<ふるさと納税>ハウス貸し切りイチゴ狩りも

 宮城県山元町は今月、ふるさと納税の返礼品の種類を25種類から41種類に拡充した。新たに増やした16種類はいずれも1回で1万円以上の寄付をした人が対象。農業用ハウス1棟を貸し切ってイチゴ狩り体験ができるユニークなチケットや完熟トマトジュース、イチゴを使ったスイーツ、スパークリングワインなどを追加し、町の魅力発信と収入増を目指している。
 ハウスを貸し切ってのイチゴ狩りチケットはふるさと納税限定商品。町内の農園で大人(高校生以上)2人、子ども2人が30分間楽しめる。追加料金を支払えば、人数を増やすこともできる。車椅子使用者も利用できる。
 障害のある人が働く施設で作られたイチゴジャムやハンカチ、手ぬぐいなどの雑貨のセットもありバラエティーに富んだ品をそろえている。
 町の担当者は「地元特産品をお届けすることで町の宝を全国に発信したい」と話している。申し込みは町のホームページでできる。連絡先は町企画財政課0223(37)1118。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年09月27日火曜日


先頭に戻る