宮城のニュース

リッター357km 省エネ自動車で伊具高V

高校の部で優勝した伊具高の自動車

 高校生や大学生らが自作した自動車の燃費の良さを競い合う「第27回手作り自動車省燃費競技大会」(自動車技術会東北支部主催)が19日、仙台市泉区の宮城県運転免許センターであった。
 使用する車の排気量は50cc。1周633メートルのコースを平均時速25キロ以上で規定時間内に20周し、消費したガソリンの量から1リットル当たりの走行距離を計算する。
 「大学一般」「高校」の2部門に県内外の計8校12チームが出場した。雨が降る悪条件の中、カーブはエンジンを止めて走るなどガソリン消費を極力抑えて走行。途中リタイアや、時間内に20周できず失格するチームもあった。
 大学一般は八戸工大の「動力研究部 STD」が1リットル当たり332.71キロで制覇。高校の部は伊具高(丸森町)の「IGU−V改」が357.82キロで優勝した。
 伊具高3年の馬場佳宜さん(18)は「試走段階で不調だった自作の動力伝達装置を直前まで手直しし、本番でうまく動いてくれたことが勝因」と喜んだ。


関連ページ: 宮城 社会

2016年09月28日水曜日


先頭に戻る