岩手のニュース

<台風10号>岩泉の無料バス 10月も継続

盛岡市が運行するバスで被災地に駆け付けたボランティア=17日、岩手県岩泉町門

 台風10号豪雨で被災した岩手県岩泉町に継続して災害ボランティアを送り込もうと、盛岡市や県社会福祉協議会は10月も無料の日帰りバスを運行する。県社協によると、岩泉町では26日現在、住民から寄せられた支援要請480件のうち248件の作業が完了していない。
 岩泉町には3連休を含む17〜25日、計約4000人のボランティアが訪れた。盛岡市は14日、毎日1〜4台のマイクロバス運行を始めた。同町西部の小川地区に1日15〜60人を送迎し、これまでに延べ650人が参加した。
 当初は25日までの予定だったが、職員が町内の被害状況を確認し、支援の継続を決めた。10月中も毎日運行する。申し込みはインターネットやファクス、電話で受け付けている。
 県社協も17〜25日に無料往復バスを運行。延べ400人が利用した。10月は2日と8〜10日に運行する。同月下旬はバスを確保でき次第、運行する。花巻市や奥州市などの社協も、現地の要望に応じてボランティアバスの運行を検討する。
 県社協の担当者は「孤立が解消されたばかりの地域からのニーズが今後も増える見込み。要望に応じるためにも、多くの人に参加してほしい」と話す。


関連ページ: 岩手 政治・行政

2016年09月27日火曜日


先頭に戻る