福島のニュース

山都そば消費者のそばに 試食会で祭りPR

そば打ちも実演された試食会=仙台市青葉区の仙台国際ホテル

 福島県喜多方市は26日、そばどころで知られる同市山都町で収穫された「山都そば」をPRしようと、仙台市内で報道関係者らを対象にした試食会を開いた。
 新そばの収穫は10月上旬に始まるため、雪を利用した冷温施設で1年間保管した「雪室そば」を提供した。市職員でそば打ち歴20年の佐藤拓也さん(41)によるそば打ち実演もあった。
 市内のそば店でつくる「そばの郷喜多方創造会議」の鈴木勝会長は「今年は少し暑かったがソバの生育に影響はなく、収穫量、品質ともにまずまずの出来だ」と話した。
 同市では10月15、16両日、「第33回山都新そばまつり」が開かれる。市内を中心としたそば店9店が参加し、新そば約1万食を販売する。連絡先は同市山都総合支所産業課0241(38)3831。


関連ページ: 福島 経済

2016年09月27日火曜日


先頭に戻る