宮城のニュース

10月8日「はらこめしの日」に

 宮城県亘理町は町発祥とされる秋の郷土料理のPRを強化しようと、10月8日を「はらこめしの日」とするよう日本記念日協会(長野県)に申請し、認定された。来月8日の荒浜漁港水産まつり(町観光協会主催)で、協会から登録証が授与される。
 10月に阿武隈川を目指すサケの漁が本格化し、8の字がサケの卵(はらこ)のように見えることなどにちなんだ。町は「記念日登録を機に町の名物をさらにアピールしたい。はらこめしの本当の旬の時期を知ってもらう意味合いもある」と話す。
 水産まつりは荒浜漁港周辺で、毎年10月第2土曜に開かれる。はらこめしやカニ汁の試食コーナーのほか、漁港で水揚げされた水産物の販売、来場者が参加する「ミニ競り」、正解者にサケ1匹がプレゼントされるサケの重さ当てクイズ、歌謡ショーなどがある。午前9時〜午後2時半。


関連ページ: 宮城 社会

2016年09月28日水曜日


先頭に戻る