秋田のニュース

秋田県など神奈川の会社を誘致企業認定

通知書を手にする(左から)中島副知事、樋口社長、小野副市長

 秋田県と由利本荘市は27日、「IHSテクノロジーズ.デベロップメント」(神奈川県秦野市)が由利本荘市に建設する東北工場を、県と同市の誘致企業に認定した。
 同社は自動車部品や医療機器などの生産ライン自動化設備の設計、組み立てを手掛ける。東北工場は敷地面積1559平方メートル、鉄骨平屋で延べ床面積620平方メートル。総投資額は約1億3000万円。10月1日に着工し、12月25日の操業開始を予定。2021年までに地元から13人の雇用を目指す。
 県庁で27日、誘致決定通知書の交付式があり、中島英史副知事と小野一彦副市長が、同社の樋口哲也社長に通知書を手渡した。
 樋口社長は「今までは外部発注もあったが、東北工場では設計から組み立てまでを一本化できる。周辺の地元企業とも連携していきたい」と話した。


関連ページ: 秋田 経済

2016年09月28日水曜日


先頭に戻る