宮城のニュース

七十七銀ATM障害 システム不具合が原因

 七十七銀行は28日、16日に同行の現金自動預払機(ATM)で一部取引ができなくなるシステム障害が起きたことに関し、横浜銀行(横浜市)、北海道銀行(札幌市)、北陸銀行(富山市)と共同で利用するシステムの不具合が原因だったと発表した。
 七十七銀によると、磁気情報の一部が消えた他行のキャッシュカードを別の銀行のATMで利用した際、本来は処理できない取引だったにもかかわらず、プログラムミスで繰り返し処理しようとし、共同利用システム全体に負荷がかかったことが原因という。
 同行などは、磁気情報が一部消えたカードを使った場合、取引できないようにプログラムを修正した。
 障害は16日午後2時ごろに4行でほぼ同時に発生。約6時間にわたり、ATMで他行への振り込みや他行のカードでの取引ができなくなった。七十七銀行は「ご迷惑をお掛けし深くおわびする。再発防止に全力で努める」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2016年09月29日木曜日


先頭に戻る