岩手のニュース

両陛下が岩手訪問 被災ホテルに宿泊

宿泊先の「三陸花ホテルはまぎく」に到着された天皇、皇后両陛下=28日午後、岩手県大槌町

 天皇、皇后両陛下は28日、岩手国体の総合開会式出席と東日本大震災で被災した沿岸部の復興状況視察のため特別機で岩手県入りされた。両陛下の岩手訪問は2013年7月以来で、震災後3回目。
 両陛下は花巻市東和総合支所で、達増拓也知事から被災者の住宅再建や水産業の再生について説明を受けた。8月の台風10号の被害状況も聴いた。宿泊先の大槌町の「三陸花ホテルはまぎく」は1997年の全国豊かな海づくり大会の際も滞在し、海辺に自生するハマギクを観賞した。
 6階建てホテルは震災の津波で3階まで浸水し、社長だった山崎龍太郎さん=当時(64)=ら5人が死亡。山崎さんが贈ったハマギクが皇居で育てられていることが、弟の千代川茂社長(62)を後押しした。
 花言葉は「逆境に立ち向かう」。千代川さんは「ハマギクの絆で再建できた。天皇陛下から『頑張りましたね』と声を掛けていただき報われた」と語った。
 両陛下は29日、大槌、山田両町を震災後初めて視察する。


関連ページ: 岩手 社会

2016年09月29日木曜日


先頭に戻る