秋田のニュース

市役所で二人の門出「祝福されて幸せ」

壇上で夫妻にお祝いの言葉を述べる斉藤光喜市長(右)

 結婚記念の写真撮影などを行うフォトウエディングのイベントが28日、秋田県湯沢市役所で初めて開かれた。
 参加したのは、市地域おこし協力隊員の岩間美幸さん(30)=愛媛県西条市出身=と、福岡県春日市の九州大助教斉藤光さん(29)=同=夫妻。
 2人は、市職員有志がメンデルスゾーンの「結婚行進曲」を演奏する中、披露宴の会場風に飾り付けられた市役所1階市民ロビーに入場し、市民ら約200人の出迎えを受けた。フラワーシャワーなどで祝福された後、記念撮影した。
 夫妻は高校の同級生で、昨年10月に入籍。妻の美幸さんが、湯沢市で結婚のあいさつがしたいと申し込んだ。
 美幸さんは「たくさんの市民に祝福されて幸せ」、光さんは「多くの人に結婚を報告できて良かった」とそれぞれ喜びを語った。
 イベントは市内の湯沢ロイヤルホテルの関連会社が事業を受託し、年度内に3回の開催を予定。カップルは市内在住者や市に本籍がある人らが対象で、無料。ウエディングケーキなど有料のオプションがある。連絡先は市子育て支援課0183(55)8275。


関連ページ: 秋田 社会

2016年09月29日木曜日


先頭に戻る