宮城のニュース

<五輪会場変更>組織委の森会長が難色

東京五輪・パラリンピックの調整会議を終え、記者の質問に答える大会組織委の森喜朗会長=29日、文科省

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は29日、3競技会場の整備計画を見直す都調査チームの提案を巡り、同日の五輪関係団体の調整会議で小池百合子都知事に「国際オリンピック委員会の決定をひっくり返すのは極めて難しいだろう」と伝えたことを明らかにした。
 森会長は会議後、見直し案でボートとカヌー・スプリント会場の代替候補に挙がった登米市の宮城県長沼ボート場について「われわれも当初は一番良いと考えたが選手村から遠い。分村は作れないことになっており、(輸送などの)経費も大変かかる」と強調した。
 さらに「知事の判断を待つが、(会場選定は)難しい問題で組織委は2年くらいかけた。3競技会場はそれなりに理屈があって決まった」と見直し案に難色を示した。
 丸川珠代五輪相も会議後の取材に「都の経費軽減でほかの道府県に会場を移すなら、新たに生じるコストを誰が負担するのか。国民に説明が付く形で考えないといけない」と述べた。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年09月30日金曜日


先頭に戻る