宮城のニュース

<七十七銀>育休中の元金返済据え置き

 七十七銀行は、自社の住宅ローン利用者を対象に、育児休業中の元金返済を据え置きできるサービスを10月に始める。男女とも利用でき、据え置き期間は最長2年。期間中は利息のみの返済となる。男性が利用できるのは東北で初めて。
 各企業で育児休業の取得割合が増える中、一時的な収入の減少に伴う家計の負担を軽くするのが狙い。支店窓口に育児休業取得の証明書などを提出して申し込む。手数料は不要。
 同行は「時代の流れとともに就業形態も変わりつつある。子育て世帯の負担を軽減したい」と話した。
 東北では、東邦銀行が2014年4月、女性専用住宅ローンで出産や育児休業の取得時に最長2年間、元金返済の据え置きができる特典を導入した。七十七、東邦以外の他行に同様の制度はなく、ローン利用者の事情を踏まえて個別に対応しているケースが多い。


関連ページ: 宮城 経済

2016年09月30日金曜日


先頭に戻る