宮城のニュース

<仙台女性遺体>傷害容疑で知人の男を逮捕

佐藤さんの遺体が見つかった自宅マンションの部屋

 29日午前9時15分ごろ、仙台市若林区木ノ下2丁目のマンション「ベルソーレ木ノ下」(13階建て)407号室で、この部屋に住む無職佐藤良子さん(77)が死亡しているのを妹が発見し、119番した。顔には殴られたような痕が複数あった。仙台南署は同日夜、傷害の疑いで、佐藤さんの知人の無職深沢太容疑者(69)=仙台市青葉区小田原8丁目=を逮捕した。
 逮捕容疑は28日午後9時ごろ、佐藤さん方で佐藤さんの顔を殴り、顔面打撲のけがを負わせた疑い。佐藤さんは翌朝、遺体で発見された。南署は死因との因果関係が特定でき次第、容疑を傷害致死に切り替える方針。
 仙台南署などによると、佐藤さんは28日夜、市内で暮らす70代の妹に「体調が悪い」などと電話。29日午前、部屋を訪れた妹が居間にあおむけで倒れていた佐藤さんを見つけた。佐藤さんは服を身に着けており、顔は腫れ上がっていた。深沢容疑者も室内にいたという。
 南署が任意で事情を聴くと「交際していた佐藤さんと金のことで口論になり、カッとなって顔面を平手で数回殴った」と供述したため逮捕した。同署は今後、トラブルの背景や犯行の動機などを詳しく調べる。
 佐藤さん方を担当する宅配会社の男性社員(44)は「話し好きで、いつも気さくに声を掛けてくれる人だったのに…」と驚いた様子で話した。
 現場は楽天Koboスタジアム宮城(宮城野区)に近く、仙台市地下鉄東西線薬師堂駅から北西に約600メートルの住宅街。


関連ページ: 宮城 社会

2016年09月30日金曜日


先頭に戻る