宮城のニュース

<原発事故>ADR 丸森町が和解成立

 宮城県丸森町は29日、東京電力福島第1原発事故に伴う損害賠償請求の和解仲介手続き(ADR)で、原子力損害賠償紛争解決センターによる和解が23日付で成立したことを明らかにした。町と東電が契約書を取り交わした。
 原発事故に伴うADRでの和解成立は、県内自治体で初めて。和解内容は2011、12年度分で、東電が計1490万円を町に支払う。


2016年09月30日金曜日


先頭に戻る