宮城のニュース

自転車に乗れたよ!交通フェスタにぎわう

自転車の乗り方を学ぶ参加者

 公共交通や自転車の利用を呼び掛ける「交通フェスタ2016」が9月17日、仙台市青葉区の市役所本庁舎前庭で開かれ、鉄道ファンや家族連れでにぎわった。
 市などの主催で、今年で6回目。仙台空港アクセス鉄道の駅員の制服を着て記念撮影するコーナーや、災害時にも力を発揮する電動アシスト付き自転車を紹介するブースが並んだ。市の有料貸自転車事業「DATE BIKE(ダテバイク)」の試乗体験や、新幹線を模したミニトレインの乗車体験が人気を集めた。
 幼児を対象に自転車の乗り方を指導する教室もあった。参加した宮城野区の幼稚園児萩原未海(みみ)ちゃん(4)は「(補助輪なしの自転車に乗れるようになれて)うれしい」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2016年10月01日土曜日


先頭に戻る