宮城のニュース

蔵王の秋 たっぷり召し上がれ

町特産の食材をふんだんに使った創作料理が発表された試食会

 蔵王町特産の食材を生かした料理を観光客にPRしようと、町観光物産協会は1日、「第8回たっぷり蔵王!キャンペーン」を始める。町内の飲食店や温泉旅館など26カ所が、工夫を凝らした特別メニュー42品を11月30日まで提供する。
 今回のテーマ食材はリンゴとニジマス。「リンゴのレアチーズ」(500円)や「ニジマスXO醤(じゃん)の炒飯(ちゃーはん)」(800円)のほか、「蔵王の豚ジャパンXのカツサンド」(864円)、「蔵王爽清牛のぎゅうぎゅう丼」(1200円)など多彩なメニューがそろった。
 町内で9月28日にあった試食会で特別メニューの一部が披露され、一般公募を含む約80人が舌鼓を打った。岩沼市の鵜飼久美子さん(68)は「チーズを使った料理や角煮カレーがおいしかった。果物も野菜も豊富な蔵王の食を満喫できた」と話した。
 キャンペーン期間中、3カ所の特別メニューを食べると、農畜水産物や食事券などが抽選で当たるスタンプラリーを開催。11月2日にはサトイモとニジマス、リンゴの生産地を巡る見学会も行われる。
 連絡先は町観光物産協会0224(34)2725。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2016年10月01日土曜日


先頭に戻る