山形のニュース

<政活費不正>辞職県議 山形知事後援会で支出か

 政務活動費(政活費)の不正支出疑惑で山形県議を辞職した阿部賢一氏(64)が、2012年度の政活費(当時は政務調査費)で吉村美栄子知事後援会の集会会場費を支出した疑いのあることが29日、分かった。
 阿部氏が政活費を支出したのは、自身の選挙区内の山形県大江、西川、朝日の3町で12年10月21日に開かれた集会の会場費。収支報告書には使途について「県政報告会」と記載している。
 しかし、会場となった施設によると、使用名目は「あったかい県政を支援する大江町女性の会」「吉村美栄子知事女性部設立」などだった。
 収支報告書によると、会場費は大江町が8440円、西川町が6300円、朝日町が1万2600円で、吉村知事のほか各町長、支持者が参加した。
 県議会の「政務活動費の手引」は、後援会活動は政活費を充当するのに適さないと定めている。
 吉村美栄子後援会事務局は、阿部氏が県政報告会を開催したとする3会場で、同日、同時刻に後援会の集会を開催したことを認めたが、「会場費の支払いなどは、それぞれの地区の後援者に任せているので分からない」と話した。
 吉村知事は「元県議の政務活動費が、私の後援会活動に勝手に充当されているものもあるようなので精査し、はっきりした段階で適切に処理したい」と話した。


関連ページ: 山形 政治・行政

2016年09月30日金曜日


先頭に戻る