宮城のニュース

<仙台女性遺体>顔殴打が死因か

 仙台市若林区木ノ下2丁目のマンションの一室で9月29日、この部屋に住む無職佐藤良子さん(77)が遺体で見つかった事件で、司法解剖の結果、佐藤さんは顔を殴られたことが原因で死亡した可能性が高いことが30日、仙台南署への取材で分かった。
 南署は、遺体発見時、佐藤さん宅にいた知人の無職深沢太容疑者(69)=青葉区小田原8丁目=を傷害容疑で逮捕したが、暴行で死亡した疑いが強いとして、容疑を傷害致死に切り替えて1日に送検する方針。
 南署によると、佐藤さんは9月28日午後9時ごろ、深沢容疑者に顔を平手で複数回殴られ、29日朝に死亡したとみられる。同署は2人の間に金銭トラブルがなかったか調べている。


関連ページ: 宮城 社会

2016年10月01日土曜日


先頭に戻る