宮城のニュース

「ハッカーになりたかった」高1を書類送検

パソコンやスマートフォンなどの押収品

 企業のサーバーに侵入して入手したIDやパスワードで楽天市場などに不正アクセスしたとして、宮城県警は30日、不正アクセス禁止法違反などの疑いで、千葉県成田市の16歳の高校1年の少年を書類送検した。
 県警によると、少年は「将来、ハッカーになりたかった」と供述。不正に入手したIDとパスワードは約12万件に上り、インターネットショッピングでスマートフォンやゲームソフトなど9点(約27万円相当)を手に入れたという。
 送検容疑は昨年5〜11月、企業へのサーバー攻撃で手に入れた他人のIDとパスワードを使って通販サイトに不正にアクセスしたり、メールアドレスを勝手に変更したりした疑い。
 ネットショッピングを利用する仙台市青葉区の女性会社員(29)から昨年8月、「メールアドレスとパスワードが勝手に変更されている」と警察に相談があり、発覚した。
 県警は30日、同法違反の疑いで、成田市の15歳の高校1年の少年も書類送検した。送検容疑は昨年11月下旬、16歳の少年が入手したIDとパスワードを使い、16歳の少年と共に大手通販サイトに不正アクセスした疑い。2人は同じ中学の友人同士という。


関連ページ: 宮城 社会

2016年10月01日土曜日


先頭に戻る