宮城のニュース

<楽天>釜田8失点KO

 東北楽天は先発釜田が七回途中8失点と打ち込まれた。先制点をもらった直後の一回に適時打などで2点を許して逆転されると、二、四回にも失点。さらに七回に鶴岡のソロなどで3失点した。打線は一回に犠飛で先制した後は、七回に三好のソロで1点を返すのがやっとだった。
 ソフトバンクは3連勝。先発中田が6回1失点で7勝目を挙げた。

 ソフトバンク−東北楽天24回戦(ソフトバンク16勝7敗1分け、18時、ヤフオクドーム、35,473人)
東北楽天  100000100=2
ソフトバンク21020030×=8
(勝)中田17試合7勝3敗
(敗)釜田20試合7勝5敗
(本)松田27号(1)(釜田)=2回、三好2号(1)(松本)=7回、鶴岡2号(1)(釜田)=7回

☆イヌワシろっかーるーむ
<与田剛投手コーチ(敗れた先発釜田について)>「ボール先行の投球で苦しんでいた。思い切ってストライクを投げる勇気がもっと欲しい」
 大塚尚仁投手(七回2死満塁で救援し、三ゴロでピンチをしのぐ)「スライダーでストライクが取れず焦ったが、最後は真っすぐでうまく打ち取れた」

☆梨田の話ダ
<勝つ秘訣は> 
 「点を取った後に投手が失点してしまうと、野手としては『いけるぞ』という気持ちになれない。その辺に勝つための秘訣(ひけつ)があると思ってほしい」(一、七回と援護点をもらった後に失点した釜田の課題を指摘して)


2016年10月01日土曜日


先頭に戻る