宮城のニュース

<仙六野球>Vへ大一番 きょうから直接対決

9月24日の工大戦で今季初登板し、復調ぶりを見せた福祉大の城間
優勝を争う福祉大戦でリーグ最多安打記録の更新に挑む仙台大の松本=9月25日、東北大戦

◎福祉大 層の厚い投手陣/仙台大 松本が攻撃の軸

 1日に仙台市の東北福祉大球場で始まる秋季リーグ第5節で、6戦全勝の勝ち点3で首位に並ぶ福祉大と仙台大が直接対決する。2勝して勝ち点を奪えば優勝に大きく近づく、共に負けられない大一番。層が厚い福祉大の投手陣を好調な仙台大の打線が攻略できるか。レベルの高い攻防が繰り広げられそうだ。
 両チームは第4節までに春季の下位3チームとの対戦を終え、成績は表の通り。打率と防御率で福祉大がやや上回るが、投打ともほぼ互角と言える。

 3季連続68度目の優勝を目指す福祉大の投手陣は6戦で計10人が登板。チームトップの3勝を挙げた久米田、5戦で救援して計6回1/3を1安打無失点の津森らが軸として活躍した。9月24日の工大戦では、右足首ねんざで調整中だった主戦城間が先発で今季初登板し、3回2安打1失点だった。
 城間は「けがの影響はもうない。先発として責任を果たしたい」と復調をアピールするが、計15打点と勝負強い中軸、楠本、井沢、浅沼らの援護が欠かせない。
 3季ぶり5度目の王座奪還を狙う仙台大は打率4割5分と好調な松本が攻撃の軸で、リーグ通算最多安打114本の更新へあと3本。リーグトップの盗塁数を誇る機動力を駆使し、福祉大投手陣に重圧をかけたい。巧みな投球術で3戦全勝の無失点と好調な主戦岩佐ら投手陣の出来も鍵を握る。
 春季は最終節、福祉大との直接対決で敗れ、目の前で優勝を決められた。松本は「春の雪辱をする。リーグ一の好投手の城間には負けられない」と燃える。
 福祉大と仙台大の試合は1回戦が1日午前10時、2回戦が2日午後0時半に開始予定。(原口靖志)

 
◇福祉大、仙台大のチーム成績

    (第4節終了時点)

     福祉大  仙台大
打 率  .304   .285
得 点   35    33
打 点   29    32
本塁打   4    3
四死球   31    22
盗 塁   13    25
失 策   4    5
防御率  0.71   0.82
失 点   6    5
奪三振   61    43


2016年10月01日土曜日


先頭に戻る