宮城のニュース

「やりましょう盆踊り」グッドデザイン賞受賞

本年度のグッドデザイン賞コミュニティ支援・社会貢献活動部門を受賞した「やりましょう盆踊り」

 河北新報社と河北アド・センターが東日本大震災の被災地で展開する復興支援活動「やりましょう盆踊り」が、日本デザイン振興会による本年度のグッドデザイン賞(コミュニティ支援・社会貢献活動部門)を受賞した。
 活動は、地域の夏祭りで住民が一緒に盆踊りを楽しむことを通じ、被災地のコミュニティー形成を後押しする。2012年から毎夏、仙台市や石巻市など各地の仮設住宅や集団移転団地などで開催。各地に伝わる歌や踊りの継承にもつなげている。
 審査委員は「小規模ながらコミュニティーの結束を促している。盆踊りというソフトが現在も有効に機能し得ることを示しているのも興味深い」と評価した。
 活動を運営する実行委員会は「協賛してくれる地元企業やボランティアの協力に感謝したい。来年以降も継続していく」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2016年10月02日日曜日


先頭に戻る