宮城のニュース

<楽天>先発全員安打でオリックスに快勝

【東北楽天8―1オリックス】1回東北楽天2死一、三塁、茂木が先制の中前適時打を放つ。捕手若月=コボスタ宮城

 東北楽天が快勝した。先発安楽は8回1失点と好投し3勝目。打線は一回に茂木の中前適時打で先制。1−1の三回にはペゲーロの適時打とウィーラーの27号2ランで3点を勝ち越し、七、八回にも2点ずつを加えた。先発全員の14安打だった。
 オリックスは先発ディクソンが7回6失点と乱調だった。リーグ全球団からの負け越しが決定した。


 東北楽天−オリックス25回戦(楽天13勝11敗1分け、18時、楽天Koboスタジアム宮城、25,071人)

オリックス010000000=1
東北楽天 10300022×=8

(勝)安楽15試合3勝5敗
(敗)ディクソン27試合9勝11敗
(本)西野2号(1)(安楽)=2回、ウィーラー27号(2)(ディクソン)=3回、ペゲーロ10号(2)(ディクソン)=7回

☆イヌワシろっかーるーむ

<茂木栄五郎内野手(左脚の張りによる前日欠場から復帰。一回2死一、三塁から、先制の中前打を放つ)>
「脚は問題ない。初球のカーブに全く合わない空振りをしたので、もう1球来るかなとは思っていた。狙ったわけではないが、うまく反応できた」


☆梨田の話ダ

<全部勝つ>
  「今日勝ってホームでは35勝35敗1分けになった。次(2日のホーム最終戦)も含めて残り試合全部勝ちたい」(16日ぶりに戻った本拠地での試合に快勝し、気を良くして)


2016年10月02日日曜日


先頭に戻る