青森のニュース

<三厩漁協>釣ったイカ マグロに交換します

 三厩漁協(青森県外ケ浜町)は10、11月、釣り人が釣ったマグロ漁の生き餌に使うアオリイカを、冷凍本マグロの赤身や中トロと交換する「いかdeまぐろ」を実施する。

 アオリイカ1杯で1ポイントを付与。5ポイントで冷凍本マグロの赤身さく(200グラム)、10ポイントで中トロさく(同)と交換する。イカは大きさ約15センチ以上で生きている状態で漁協に持ち込む。
 アオリイカは津軽海峡で捕れる本マグロの餌になる。漁業者にとって本来の漁とは別に、生きたイカの確保が負担になっている。三厩漁協は2014年から試験的に交換事業を開始。本格運用を始めた昨秋は釣り人約10人が参加した。
 漁協の担当者は「アオリイカは独特の釣り方で一般の釣り人には難しいと思うが、ぜひ挑戦してほしい」と呼び掛ける。参加には専用サイトで事前登録が必要。連絡先は三厩漁協0174(37)2007。


関連ページ: 青森 社会

2016年10月02日日曜日


先頭に戻る