秋田のニュース

<五城目朝市>出店業種広げ来場者10倍

「ごじょうめ朝市plus+」が開催された日の朝市。若年層の出店が増え、大勢の人でにぎわった

 秋田県五城目町で500年以上続く五城目朝市の活性化を狙い、占いやアクセサリーなど出店業種を広げた「ごじょうめ朝市plus+(プラス)」が活況を呈している。今年4月から市が立つ日のうち日曜限定で開き、来場者は通常の約10倍に。客層も町外の家族連れや若者に広がり、企画した町は手応えをつかむ。今月はきょう2日と30日に開かれる。

 9月25日のplus+には魚や野菜、キノコなどを扱う約40店に加え、カード占いや消しゴムはんこ、アクセサリーといった従来にはない約40店が参加。出店数は普段の朝市の倍になった。
 同町のデザイナー坂谷専一さん(37)は真ちゅう製の小型オブジェなどを店先に置いた。「生活必需品が中心の朝市に比べ、多彩な商品を扱っている。多様性が来場者に受け入れられている」と語る。
 町内で家族と農業を営む佐々木千佳子さん(55)はplus+が始まった4月から出店。畑で収穫したキイチゴの手作りジャムを販売した。125グラム入りで税込み1200円。「若い人が出店しやすい自由な雰囲気が魅力」と話した。
 町の代名詞といえる朝市は近年、出店者の高齢化や客層の固定化が続き、往時の活気を失っていた。町は昨年度、朝市のない日曜に臨時朝市を計9回開き、若い世代の出店を促した。本年度は朝市との相乗効果を図ろうと、4〜11月に朝市と同時開催にした。
 狙いは当たり、1回の来場者は約3000人。町商工振興課によると、plus+がない日も若い世代が訪れるようになった。朝市関係者は「見て回る面白さがあり、若者や家族連れが秋田市や能代市からも訪れる」と話す。
 一方で、平日に出店する動きは依然として鈍く、「朝市全体を活性化させるまでにはなっていない」(朝市関係者)という。
 町は来年度以降も継続したい考え。金子成敏町商工振興課長は「plus+で交流人口を増加させ、朝市の活性化につなげたい」と期待する。

[五城目朝市] 1495年、当時の地頭が市神を祭って八角の支柱を立て、市を開かせたのが始まりとされる。毎月、下1桁が2、5、7、0の日の午前7時〜正午に開催。会場は町中心部の通称「朝市通り」。plus+は全14回のうち10回が終了。今後、2、30日、11月20、27日に開かれる。


関連ページ: 秋田 文化・暮らし

2016年10月02日日曜日


先頭に戻る