宮城のニュース

ごみ不法投棄容疑の町議逮捕「分別できず」

 宮城県警亘理署は2日、廃棄物処理法違反の疑いで、亘理町逢隈高屋、町議鞠子幸則容疑者(59)を現行犯逮捕した。逮捕容疑は2日午前1時40分ごろ、町内の会社倉庫敷地に食品容器や紙片など一般廃棄物約3キロが入った町指定のごみ袋一つを捨てた疑い。
 亘理署によると、9月に会社から「5月ごろから十数回不法投棄が行われている」と相談があり、捜査していた。鞠子容疑者は「ごみの分別ができず、集積所に持っていけなかった」と話しているという。
 鞠子容疑者は1995年の町議選で共産党公認で初当選し、現在6期目。


関連ページ: 宮城 社会

2016年10月03日月曜日


先頭に戻る