宮城のニュース

秋染まる ちょっぴり暑い衣替え

制服を衣替えして登校する宮城学院中学・高校の女子生徒=3日午前8時15分ごろ、仙台市青葉区桜ケ丘

 宮城県内は3日、前線を伴った低気圧の影響で雲が広がった。1日が土曜日だったため、3日が「衣替え」の初日。仙台市中心部では、冬用の制服を着た中高生や、クールビズスタイルからネクタイ姿に戻った会社員らが、学校や職場への道を急いだ。
 仙台管区気象台によると、朝の仙台の最低気温は平年を4.2度上回る18.3度。午前の最高気温は23.5度まで上昇した。
 青葉区の宮城学院中学・高校では、冬服の生徒たちが友達と談笑しながら登校。蒸し暑さのあまり、上着を手に持った生徒もいた。
 管区気象台によると、4日の県内は高気圧に覆われて晴れの見込み。


関連ページ: 宮城 社会

2016年10月03日月曜日


先頭に戻る