宮城のニュース

<仙台満店>登米産ひとめぼれ抜群

たっぷりの野菜もうれしい大泉ポークソテー。味はしょうがと粒マスタードの2種類から選べる。ランチは全品ホットコーヒー付き
「ご飯をいっぱい食べてほしいので大盛り、おかわりは無料です」と重樹さん。夜の品書きには土鍋で炊く季節の炊き込みご飯も登場する

◎お米にこだわる 重庵(じゅあん)(仙台市青葉区)

 「仙台満店」は、もてなし好きな女性ライター4人が交代で旬なお店を紹介します。1回目を担当する佐藤陽子です。3人ともどもよろしくお願いします。
 今月のテーマは「お米にこだわる」。私のイチオシは相沢重義さん(67)、重樹さん(38)親子が営む「重庵」です。
 こちらで扱うのは、重義さんと長い付き合いのある米穀店が薦める宮城県産米。現在は登米市米山産のひとめぼれを直前に精米してもらい、2、3日分ずつ仕入れているそうです。
 開業以来10年間、毎日ご飯を炊き続けている重樹さんは「その日に合った水加減、蒸らし時間は、米を触れば自然と頭に浮かぶようになりました」と胸を張ります。
 6種類あるランチメニューから、この日は大泉ポークソテー・粒マスタード(1000円)をいただきました。
 まずはご飯を一口。ふくよかな香り、もちもちした食感、かむほどに口中にじんわり広がる甘さ。思わずにんまりしてしまいます。続いてポークソテーを頬張ると、ほんのり粒マスタードの酸味が効いた甘辛いたれの味付けを、ホカホカのご飯がしっかり受け止めてくれました。
 お米の国に生まれた幸せを感じる瞬間です。一人でランチに来ていたご婦人が、重樹さんに「ここのご飯は本当においしいわね」と笑顔を見せて帰っていきました。

[メモ]仙台市青葉区一番町2の3の3、J−BOXビル2階▽ランチは正午〜2時、夜は午後5時半〜11時(ラストオーダーは料理が午後10時、飲み物は10時半)。日曜・祝日定休▽夜は地場産の新鮮な魚介類、野菜を使った和食を楽しめる。地酒の種類も豊富▽022(711)0608。


関連ページ: 宮城 社会 仙台満店

2016年10月03日月曜日


先頭に戻る