宮城のニュース

<楽天>ホーム最終戦飾る 観客数最多

本拠地最終戦を勝利で飾り、スタンドのファンにあいさつするプロ野球東北楽天の梨田監督=2日、仙台市宮城野区の楽天Koboスタジアム宮城(坂本秀明撮影)

 プロ野球東北楽天は2日、仙台市宮城野区の楽天Koboスタジアム宮城でソフトバンク戦に臨み、7−0で勝利して今季の本拠地最終戦を飾った。
 試合後にセレモニーがあり、詰め掛けたファン2万5222人の前で、就任1年目の梨田昌孝監督があいさつした。チームは既に3季連続最下位を免れたが、敵地で4、5日にあるロッテ戦に連勝すれば4位に上がる。梨田監督は「一つでも上の順位になれるように力を合わせて頑張る」と約束した。その後、銀次選手会長ら選手がグラウンドを一周し、ファンにシーズン中の応援を感謝した。
 今季、東京ドームなどを含む主催試合の観客動員数は昨季を9万6812人上回る過去最多の162万961人に達した。球場の内外野が天然芝に張り替えられ、左翼席後方に観覧車などがある「スマイルグリコパーク」が新設された効果もあった。


2016年10月03日月曜日


先頭に戻る