宮城のニュース

<楽天>完封リレーで2連勝

6回ソフトバンク1死一塁、中村晃を併殺に打ち取り雄たけびを上げる東北楽天先発の則本

 東北楽天は4投手の完封リレーで2連勝。先発則本昂大は6回3安打で二塁を踏ませず11勝目を挙げた。七回からは福山博之、ミコライオ、松井裕樹がつないだ。打線は三回、藤田一也の中前適時打で先制。五回は嶋基宏が2号ソロを放った。八回に5点を奪い、突き放した。
 ソフトバンクは八回、日本球界復帰後初登板の松坂大輔が4四死球、5失点と乱れた。

 東北楽天−ソフトバンク25回戦(ソフトバンク16勝8敗1分け、14時1分、楽天Koboスタジアム宮城、25,222人)
ソフトバンク000000000=0
東北楽天  00101005×=7
(勝)則本28試合11勝11敗
(敗)バンデンハーク13試合7勝3敗
(本)嶋2号(1)(バンデンハーク)=5回

☆イヌワシろっかーるーむ
<与田剛投手コーチ(先発則本に)>
 「リリースポイントに集中していたので、力んで球が抜けることが少なかった。後半戦で苦しみ、収穫と課題が見えたシーズンだった」

☆梨田の話ダ
<球数より球質を>
 「140球くらい投げられる投手だが、1球1球質の高い球を投げてほしいと思った。本人が大丈夫と言っても、疲れはあるだろうしね」(則本を6回96球で代えた理由について)


2016年10月03日月曜日


先頭に戻る