宮城のニュース

<内定式>変革の時代 挑戦誓う

アイリスオーヤマの内定式で決意を述べる千葉さん

 2017年春に入社予定の大学4年生や大学院生らの内定式が3日、東北の各企業であった。
 アイリスオーヤマは仙台市青葉区のアイリス青葉ビルで内定式を開いた。来春の大卒、大学院修了予定の内定者は過去最高の109人。倉茂基一人事部統括マネージャーは「会社の成長を支え、新しいことに勇気を持って立ち向かう人材になってほしい」と呼び掛けた。
 同社は今年、個性を重視した新たな採用手法を導入。「アスリートコース」で内定を得た東北学院大ラグビー部出身の千葉雄太さん(21)が答辞で「挑戦というアイリスのフィールドで活躍していきたい」と決意を述べた。
 東北電力の内定式は青葉区の本店であった。内定者は今春の採用実績に比べ1人少ない131人。山本俊二常務は4月の電力小売り全面自由化を踏まえ「競争を勝ち抜く挑戦意欲を持ち、変革の担い手になってほしい」とあいさつ。慶応大4年の女子学生(22)は「地域に貢献しながら国全体を考えるチャレンジングな仕事がしたい」と話した。
 七十七銀行は来春、今春より40人多い220人を採用する計画。仙台市青葉区の本店であった内定式に大学生らが臨んだ。


関連ページ: 宮城 経済

2016年10月04日火曜日


先頭に戻る