宮城のニュース

宮城県産果物の特性体験 食材伝道士ら研修

ナシの木の下で料理への活用法を考える参加者

 宮城県産の農林水産物の生産現場を体験し、県に認定された料理人「みやぎ食材伝道士」や伝道士を目指す若手調理師ら50人が3日、名取市の県農業・園芸総合研究所を訪れ、栽培されている十数種類の果物の特性を学んだ。仙台圏のフルーツを料理に活用してもらおうと、県が主催した。
 菊地秀喜所長が所内の果樹園でブルーベリーやリンゴ、ブドウ、ナシなどの原産地や品種改良の歴史、香りの強さ、食味について説明。参加者は園内を視察した後、8種類のナシと4種類のブドウ、3種類のリンゴを試食した。
 伝道士で岩松旅館(仙台市青葉区)の菱沼文男常務取締役調理部長は「果物は料理の最後に水菓子として出すが、料理自体に使うという発想はなかった。学んだ成果を今後のサービスに生かしたい」と話した。
 伝道士の認定は地産地消の推進を目的に県が2007年度に始めた。現在30人が認定されている。


関連ページ: 宮城 経済

2016年10月04日火曜日


先頭に戻る