宮城のニュース

介護離職リスク ネットで無償簡易診断

 保険代理業の東海日動パートナーズ東北(仙台市)と、介護サービス事業を手掛ける一般社団法人りぷらす(石巻市)は、介護離職リスクを簡易診断できるシステムを開発した。社会貢献の一環として、東北の中小企業を対象に今月から無償でサービスを提供する。
 利用する企業の従業員は、専用のインターネットサイトで、家庭環境や介護経験の有無、介護休業など職場の制度に関する全14の質問に答える。結果を基に、介護に伴う離職の可能性がどの程度あるかを、りぷらすスタッフらが判断する。
 結果は回答者本人にのみ伝え、生活上の注意点や主な相談先なども助言する。企業に対しては全体的な傾向を管理部門に伝え、労務管理の改善策を提案する。
 東海日動パートナーズ東北は「従業員が介護と仕事を両立できるよう十分な対策を取っている企業は少ない。サービスを活用して対策を始めるきっかけにしてほしい」と話す。
 連絡先は同社022(207)3811。


関連ページ: 宮城 経済

2016年10月04日火曜日


先頭に戻る