宮城のニュース

高齢者社会参加センターがオープン

テープカットで開所を祝う関係者

 高齢者の社会参加や生きがいづくりを進める山元町シルバー人材センターが3日、同町浅生原にオープンし、開所式が行われた。
 式典には人材登録した会員ら約50人が出席し、テープカットなどが行われた。三戸部圭一理事長が「業務を地域活性化に結びつけていきたい」とあいさつし、斎藤俊夫町長は「センターに街づくりの一翼を担っていただきたい」と呼び掛けた。
 人材センターはおおむね60歳以上の町内在住者が年会費3000円で登録し、除草や清掃、宛名書き、子育て支援など多様な仕事を引き受ける。連絡先は同センター0223(36)9211。


関連ページ: 宮城 社会

2016年10月05日水曜日


先頭に戻る