宮城のニュース

<Eオフたいむ>テーマ 秋の味覚/藤田一也内野手/やっぱりサンマ

藤田一也内野手

 マツタケも好きですが、やはりサンマです。徳島県鳴門市出身なのですが、おやじが釣りの餌にサンマを使っていたので、小さい頃はよく餌のサンマを母親に焼いてもらって食べていました。
 三陸はサンマの本場なので、仙台に来てからもよく食べています。本拠地コボスタ宮城では毎年「気仙沼さんま祭り」が開催されていて来場者に焼きサンマの振る舞いがあります。試合前の練習中に焼いている匂いが漂ってきます。かぐといつも、「サンマの季節が来たな」と感じます。
 その日は選手食堂でもサンマがメニューに出るのですが、試合前なので食べられません。妻に買ってきてもらって、家で食べています。
 サンマの刺し身も好きで、すし屋に行ったら必ず頼みます。でも一番好きな食べ方はやっぱり焼き。白ご飯に合うし、食欲がそそられますね。今年もこれから本格的なサンマの季節。楽しみです。


2016年10月04日火曜日


先頭に戻る