岩手のニュース

<台風10号>岩泉の断水 週内に解消へ

 台風10号豪雨の被害が甚大だった岩手県岩泉町で3日、簡易水道の断水が今週末にも解消される見通しとなった。同日現在、断水が続くのは尼額(あまびたい)地区の115戸で、町が工事を急いでいる。被災から1カ月以上たち、ようやくライフラインの復旧にめどがついた。
 町内では豪雨の影響により11地区の簡易水道のうち10地区が被災。簡易水道を利用する3713戸のうち、最大で3513戸が断水した。町は仮設の配管を通すなどの応急復旧工事を順次進め、1日には乙茂(おとも)、二升石両地区で通水が再開された。
 町によると、尼額地区は道路の被災箇所が多いため地下に埋設された配水管が破断したり、管の内部に流れ出した土砂が詰まったりするなど被害程度が甚大で、復旧に時間を要している。町上下水道課は「漏水箇所も多く難工事だが、一日も早く復旧させたい」としている。
 停電は依然、浅内地区の26戸で続いている。東北電力盛岡支店は「道路が被害を受け、大型の工事用車両が地区内に入れない状態」と説明する。全面復旧には数カ月程度かかる見通し。


関連ページ: 岩手 社会

2016年10月04日火曜日


先頭に戻る