宮城のニュース

<岩手国体>ライフル射撃 岩田4位

ライフル射撃成年女子ライフル3姿勢で4位入賞した岩田が立射で構える

 第4日は4日、八幡平市田山射撃場などで行われ、宮城県勢はライフル射撃の成年女子3姿勢で岩田聖子が4位となった。サッカー成年男子の県代表(ソニー仙台)は延長戦の末、岩手を下し準決勝に進んだ。

<3年連続の表彰台、わずかに届かず>
 ライフル射撃の成年女子ライフル3姿勢で岩田は、3年連続の表彰台入りにわずかに届かなかった。予選の上位8人で争うファイナルでは、めまぐるしく風向きが変わる中で苦戦を強いられた。「イメージ通りの試合運びができなかった」と振り返る。
 結果は過去2回に及ばなかったが、世界の第一線で戦う35歳は随所に強さも見せた。予選は強風の中、姿勢を保って得点を重ねて1位で通過。前日の伏射では雨にも負けず3連覇を飾った。「どんな環境でも結果を出す経験を積んできた。自分らしいパフォーマンスができた」
 目標としたリオデジャネイロ五輪を逃し、今は心身をリセットした段階。「これからも自分を高めていく」と、まずは来月の全日本選手権での優勝を目指す。


2016年10月05日水曜日


先頭に戻る