広域のニュース

「行くぜ、東北。」今冬もJR東キャンペーン

 JR東日本は4日、東北6県の観光キャンペーン「行くぜ、東北。SPECIAL 冬のごほうび」を12月1日に始めると発表した。旅行需要が減る冬場に雪や温泉、食など東北の魅力を楽しむツアーなどを企画。訪日外国人旅行客(インバウンド)向け商品も充実させる。来年3月31日まで。
 約70の宿泊施設とイベントなどを組み合わせた個人向け商品と添乗員付きの約70コースを用意。宮城県松島町での宿泊とかき小屋訪問、青森県の津軽鉄道ストーブ列車と津軽三味線演奏などの組み合わせがある。
 6県知事が協力し、PRポスターに登場。お薦めの観光情報を4日開設の専用サイトや主要駅などで配るガイドブックに掲載する。
 インバウンド向けには中国国際航空と連携。8月に発売した東北・東京周遊型の旅行商品の期間を来年3月17日まで延長する。
 JR東の冨田哲郎社長は同日の定例記者会見で「主な旅行会社とも連携し、東北一体でキャンペーンを展開したい」と述べた。
 「行くぜ、東北。」は東日本大震災からの復興を観光振興で後押しするキャンペーンで、2011年11月に始まった。


関連ページ: 広域 経済

2016年10月05日水曜日


先頭に戻る